製薬会社の研究職から大手調剤薬局への転職成功例

製薬会社の研究職から大手調剤薬局への転職成功例

製薬会社の研究職から大手調剤薬局への転職成功例をご紹介しましょう。 私は新卒で入社した製薬会社で研究職をしていました。1日でも早く新薬の承認を得ることが会社の至上命令でしたから早朝から深夜まで働く毎日で寝る間もありませんでした。

あまりにも多忙で異常な勤務を強いられていたのです。 「このまま続けていくのは限界だ」と感じ始めていた或日のことです。 大学の同級生が転職をしたという噂を聞きました。 私も30歳になる前にキャリアチェンジしよう決意しました。

とにかく仕事をする環境を変えたかったので実家がある名古屋に帰り薬剤師として働きたいと思っていました。「プライベートも充実できる休日が確実な職場」という条件で探していました。

インターネットで検索していると薬剤師専門の求人サイトで良さそうな求人を発見しました。 「給与はいくらくらいになるのか」とか「未経験OKとなっているけど本当に大丈夫なのか」を聞きたくて問い合わせをしました。

担当アドバイザーはその会社の給与モデルや実際に未経験で入社した人の事例などを詳しく調べて教えてくれました。さらには将来のキャリアステップの提案もしてくれました。 私自身、管理薬剤師になりたい希望がありましたからその条件もプラスして5社の提案をしてもらいました。

5社中3社から内定をいただきました。 最終的には最も福利厚生が充実していた会社にきめました。 全部で3社の面接を1日に設定していただくなど担当のアドバイザーには本当に親切にしてもらいました。

担当アドバイザーは次のように語ってくれました。 大手製薬会社で研究職をしておられましたから、すでに高い年収をもらっておられました。 この年収を維持あるいはアップする形での転職もできたのです。 しかしながらご本人のご希望がプライベート重視でした。

じっくり腰をすえて仕事をできる会社に絞り込んで求人をご提案しました。 最終的には年収を下げてでも将来的に管理薬剤師に進んでいくポジションが豊富にあり、また教育研修や福利厚生が充実している大手調剤薬局に決定されました。 土日休みで18時終業のワークライフを実現されたのです。