転職数の多い薬剤師さんは、職務経歴書で前向きさをアピール

転職数の多い薬剤師さんは、職務経歴書で前向きさをアピール

薬剤師として転職したい、結婚前や転勤を境に一時退職したが復帰したい、 この様な方にとって、職務経歴書の書き方は、転職の重要なポイントとなってきます。 勿論、嘘を書いてはいけませんが、職務経歴書の書き方いかんで、 転職歴やブランクがあっても希望通りの所に、薬剤師として配属されるのも 夢ではないのです。

では、転職が多い方が職務経歴書を書くに当たり、どの様な点に 気をつければ良いのでしょうか。

採用側は、即戦力になりなおかつ採用側(病院、製薬会社、ドラッグストアなど)の ニーズにあった薬剤師さんに、長期働いて貰う事が目的です。 採用柄も、こうした高いニーズを求めますので、就職支援サイトには、 厳選した人材を求めるという意味で、他の業種に比べ、高額の依頼費を払っています。

採用側も、就職支援サイトも、よほどの事がない限りすぐに薬剤師さんに辞められて しまうと困るのです。

女性の場合、出産、結婚、転勤など、一身上の理由であれば、まず差し障りは ありませんので、転職理由として複数記入してもいいものと思われます。 しかし、それ以外の理由ならば、ネガティブに思われる事は、避けられません。

一身上の理由による退職理由でなければ、採用側は薬剤師の転職を、 ポジティブに考えていないのかと思う方もいらっしゃるでしょう。 これにより経歴で嘘を書いてしまう事だけは、避けるべきです。

条件に見合った職場で働けたとしても、後で経歴詐称が発覚し、やめなければ いけない事になれば、それは不覚としか言い様がありません。

万が一、人間関係にトラブルを抱えていたとしても、その時に貴方自身が 歯を食いしばりスキルアップの為に勉強をしていれば、転職理由は変わります。 嘘を書くというのではなく、書き方を変えるだけなのです。

職務経歴書に書けば不利になるのではないかと、お考えの事があれば、 転職支援サイトのコンサルタントを活用するのも、一つの案です。 短所もアピールポイントに変え、今までの職務履歴を 最大限に採用側に売り込んでこそ、薬剤師として転職が多い方が不安なく 転職できる方法でもあります。