ドラッグストア薬剤師として楽しく働いています!

ドラッグストア薬剤師として楽しく働いています!

私は、以前は調剤薬局に勤務していた薬剤師です。結婚を機に、夫の地元に移り住むことになり、調剤薬局は退職しました。そして、現在は、薬剤師の資格を活かして、ドラッグストアに勤務しています。

ドラッグストアはチェーン店が各地にあるので、薬剤師パート求人を見つけやすい特徴があります。そして、同じ職場の仲間も、パートさんやアルバイトの学生など幅広い年齢層なので、色んな会話が飛び交い、私的には楽しい職場です。

又、薬品は勿論ですが、他にも日用雑貨や食品まで幅広く扱っているので、出入りする業者さんも多種多様です。ですから、コンビニに勤務しているような感じともいえますね。 ドラッグストアに勤めて感じたのは、調剤薬局とは随分と業務内容が違うということです。

薬剤師だから、OTC医薬品を販売すればいいというわけにはいきません。商品の陳列やレジ打ちも業務内容に含まれています。そして、備品の整理や店内の掃除もあります。 ですから、ドラッグストアの薬剤師になると、調剤薬局勤務等と違って雑用が結構あるので、調剤のみの仕事をしたい方には向いていないかもしれません。

向き不向きは、性格にもよると思います。 私は、どちらかというと人と接するのが好きですし、学生の頃も接客のアルバイトをしていたので、ドラッグストアに勤めて、お客様や業者の方々とコミュニケーションをとりながら業務をこなすことは、何の違和感もなく、逆に楽しい毎日です。

はっきり言って、調剤薬局よりもドラッグストアの方が私には向いていたみたいです。 私が、現在の職場に勤務したきっかけは、薬剤師の求人サイトでした。知らない土地での就活は色んな意味で不安なことも多かったので、ネットで見つけた薬剤師の求人サイトを利用してみることにしました。

登録は簡単でしたし、何よりコンサルタントが専任でついてくれたので、心強かったですね。転職に対する悩みも相談に乗っていただき、その上で、適する職場を提案してくれましたので、勤務経験のないドラッグストアにも安心して転職することができました。

薬剤師にはコミュニケーション能力が必須

薬剤師といえば医療の現場において薬に関する専門的な知識を持って働ける人のことです。 ですが、だからといって薬に関する知識さえあれば活躍できる職業ではありません。

近年、様々な職場においてコミュニケーション能力を重視するところが増えているのですが、医療現場は特にその傾向が強いです。

薬剤師も仕事中でたくさんの患者さんと接していくことになるわけですが、ここでもコミュニケーション能力が重視されます。あまりにもコミュニケーション能力が足りていないと患者さんから必要な情報を聞き出すことができません。

人と話すのが得意な人の場合、何気ない会話の中から患者さんの悩みや不安をも読み取ることができますよね。医療の現場ではそのようなことができる薬剤師が求められているのです。

転職活動もコミュニケーション能力の高い薬剤師の方が有利になります。これは今後さらに強まっていく傾向だといえるでしょう。

2012年から6年制薬学教育というものが取り入れられているのは薬剤師の方であればご存知かもしれません。それまでは4年制だったわけですが、これが六年制になった理由にもコミュニケーション能力が関係しています。

6年制になってからは臨床薬学を重視するようになり、病院薬局・保険薬局で合計して5ヶ月の実務次週を行うように義務づけられているのですが、ここで患者さんとのコミュニケーション能力を学ぶことができるようになったのです。

つまり、これから出てくる新卒の薬剤師はコミュニケーション能力を身につけた状態でスタートしているということ。これまで薬剤師として働いてきている方の中にはまだまだコミュニケーション能力が備わっていない方も多いのですが、そういった方は不利になってしまうことも考えられます。

調剤された医薬品を患者さんに渡す際に、資料をただ読み上げているという方も多いようですが、ここでも患者さんの目をしっかり見て自分の説明していることが本当に伝わっているのかを確認しながら仕事ができるような人材が求められているのです。

薬剤師の平均時給はどれくらい?

薬剤師といえば特別な資格が必要になる職業でもあるため、簡単な仕事に比べると時給が高く設定されています。平均するとどれくらいかというと、これはだいたい2,000円から3,000円の間だといえるでしょう。

どこで働くかによって時給は全く違うため、職場によっては4,000円近い時給が設定されているところもあります。

薬剤師になるためには薬学科のある大学に通って必要な単位を取得するだけではなく、国家試験にも合格しなければなりません。このようなステップを考えていくと、時給が高くなるのも当然だといえるでしょう。

ただ、転職活動をする際に時給のみを重視して職場を選んでしまうのはおすすめできません。 その他の条件も自分に合っているのかよく確認した上で職場探しをしましょう。 例えば、フルタイムとして働くのが難しい方もいますよね。

小さな子どもがいる方などは働く時間だけでなく、週に3日しか働けないなどの制限がある方もいるでしょう。職場探しをする際にはそのような細かい条件も通るのかチェックしておく必要があります。

比較的自分も希望が通りやすく、時給も高い職場として人気があるのがドラッグストアです。 求人情報も多く出ているので、薬剤師の資格を活かして高い時給で働きたいと思っているのであればドラッグストアを検討してみると良いですね。

ただ、薬剤師の資格を持っていたとしても、平均時給が3,000円以上になるような職場を探すのは簡単な事ではありません。大企業ではそれまで勤めていた社員が抜けたことで発生した穴を埋めるために好条件の求人情報を出していることもあるので、そのようなものをねらってみると良いでしょう。

注意しなければならないこととして、このような求人情報はいつも出ているわけではありません。時期やタイミングも大切なので好条件の求人情報を見つけたいと思っているのであればこまめに求人をチェックすることが大切になります。

転職支援サイトでは非公開求人という形で魅力的な求人情報を出していることが多いので、そういったものを中心にチェックしてみると良いですね。