ドラッグストア薬剤師 > ドラッグストア薬剤師として楽しく働いています!

ドラッグストア薬剤師として楽しく働いています!

私は、以前は調剤薬局に勤務していた薬剤師です。結婚を機に、夫の地元に移り住むことになり、調剤薬局は退職しました。そして、現在は、薬剤師の資格を活かして、ドラッグストアに勤務しています。
管理薬剤師に強い求人サイトは?

ドラッグストアはチェーン店が各地にあるので、転職先として見つけやすい特徴があります。そして、同じ職場の仲間も、パートさんやアルバイトの学生など幅広い年齢層なので、色んな会話が飛び交い、私的には楽しい職場です。

又、薬品は勿論ですが、他にも日用雑貨や食品まで幅広く扱っているので、出入りする業者さんも多種多様です。ですから、コンビニに勤務しているような感じともいえますね。 ドラッグストアに勤めて感じたのは、調剤薬局とは随分と業務内容が違うということです。

薬剤師だから、OTC医薬品を販売すればいいというわけにはいきません。商品の陳列やレジ打ちも業務内容に含まれています。そして、備品の整理や店内の掃除もあります。 ですから、ドラッグストアの薬剤師になると、調剤薬局勤務等と違って雑用が結構あるので、調剤のみの仕事をしたい方には向いていないかもしれません。

向き不向きは、性格にもよると思います。 私は、どちらかというと人と接するのが好きですし、学生の頃も接客のアルバイトをしていたので、ドラッグストアに勤めて、お客様や業者の方々とコミュニケーションをとりながら業務をこなすことは、何の違和感もなく、逆に楽しい毎日です。

はっきり言って、調剤薬局よりもドラッグストアの方が私には向いていたみたいです。 私が、現在の職場に勤務したきっかけは、薬剤師の求人サイトでした。知らない土地での就活は色んな意味で不安なことも多かったので、ネットで見つけた薬剤師の求人サイトを利用してみることにしました。

登録は簡単でしたし、何よりコンサルタントが専任でついてくれたので、心強かったですね。転職に対する悩みも相談に乗っていただき、その上で、適する職場を提案してくれましたので、勤務経験のないドラッグストアにも安心して転職することができました。